ご挨拶

親しまれ喜んでいただける
『おもてなしの宿』を目指して

古都の花心は昭和五十一年にやまなみ観光タクシー更にさぎり観光、観光業と共に、平成元年七月一日大分自動車道・別府・湯布院間開通に合わせて『旅館 古都の花心』を開業し、今年で創業二十九年になります。湯布院の発展と共に歩んで参りました。
古都の花心の名前の由来は源氏と平家の戦いのおり平家一族の方々が湯布院に住まれていた事、又隠れキリシタンの方々の墓地など昔の歴史のある町であることから、湯布院の歴史ある背景をもとに、古都の都である、その名前を残したいと『古都の花心』と命名しました。数多くのお客様に親しまれ喜んでいただけるよう願いを込め社員一同、おもてなしに全てを捧げて参ります。
何卒古都の花心を宜しくお願いします。

2017年 古都の花心

湯布院の朝霧
あじさい
古都の花心